• 香川県の高齢者の住まい探しならお任せください

先日高松で開催された空き家対策セミナーを受講してきました。

広い会場でしたが満員。ほとんどが空き家を持っているであろう年配の方。

後は不動産業者だと思います。明るい話題にはなりませんでしたが

空き家所持者の今後の決断に参考になったと思います。

 

現在空家数は全国で846万戸、割合にして13.6%

もちろん年々増加傾向にあります。

都会では賃貸住宅、田舎では戸建ての空き家が特に数字を伸ばしています。

 

 

講師の話によると横浜の家で1億5千万で購入したものが現在の時価は1500万。

それでも買い手が見つかるかどうか分からない

固定資産税の評価額だけは高いままとのこと。

 

都会でも値段が10分の1。しかも税金が高いまま。処分に困っているとのことでした。

 

空き家が増える理由として

解体費がかかる、他に活用方法がない

片付けがめんどくさい、固定資産税が大幅増になる

など、デメリットが大きいからです。

 

 

香川県では空き家率全国8位です。

 

田舎では放置するという選択が一番お金がかかりません。

解体費用何百万、売れない、借り手がいない

民泊などに転用できない、家財整理で何十万

更地にしたら固定資産税がハネ上がる。

それよりも目の前の選択肢として

毎年数万円の固定資産税を支払うということを選んでしまいます。

 

問題の先送りが一番最適です。ですが、この選択で怖いのは問題が起きてからです。

防犯上の理由や倒壊の恐れだけではなく

雑草や虫など近隣からのクレームはすぐにきます。

 

相続や資金調達など個人の様々な問題がありますが

いつまでその物件を持っているのか、いつか決断しなければなりません。

 

不動産は今では負の動産と言われています。

周囲の状況を知り、改めて考えなければいけません。

空き家を持っているのであれば、安くてもいいので手放すのか、孫のために置いておくのか

近隣からクレームがあればどうするのか。

相続する予定があるのであれば、どうしたいかを他の相続人と相談しておくなど

対応策を考えなければいけません。

 

香川県では、香川県空き家ポータルサイトを作成しています。

https://akiya.pref.kagawa.lg.jp/

もし空き家を持って困っているのであれば閲覧ください。

 

 

 



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。